中空スラブ

特徴

品質の向上

  • コンクリート打設時に配管が乱れない。
  • コンクリートかぶり厚が正確に保たれる。
  • 建物の軽量化。

コストの削減

  • 許容スパン以下無支保工施工可能のため、仮設材の低減。
  • ボイドによりコンクリート量の大幅な低減。
  • 配筋時のスペーサーが不要。

工期の短縮

  • パネルを敷き並べるだけで型枠工事と鉄筋工事の大半が同時に終了し、設備工事の早期着手が可能。

環境に優しい

  • 木材を使わない。
  • 廃材が少ない。

適用範囲

・本資料は、中空スラブの設計及び施工に適用する。

・中空スラブは、鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造および鉄骨鉄筋コンクリート構造ならびにプレキャストコンクリート構造の建物の床および屋根に使用する。

・中空スラブは、スラブ厚220mm以上の単純支持、連続支持、固定支持およびはね出しのスラブに適用する。
本スラブでは、径約100mmのボイド管がスーパートラスの間に配置されることからスーパートラスの最小高さがきまり、この高さに上下鉄筋やそのコンクリートかぶり厚(30mm以上)を加えて220mmを最小スラブ厚としている。

・中空スラブの設計・施工に関して本技術資料に示されていない事項については、日本建築センター「建築物の構造関係基準解説書」(2001年版)、日本建築学会「鋼構造設計基準」(1973年)、「鉄筋コンクリート構造計画基準・同解説」(1999年)および「建築工事標準仕様書 JASS5 鉄筋コンクリート工事」(1997年)等の関連基準による。

スーパートラスの形状寸法

タイプ別鉄筋径およびトラス高さ

スーパートラスのタイプは、上端筋と下端筋の組み合わせにより、BタイプおよびCタイプの2種類があり、タイプ別の材料の組み合わせおよびトラス高さは表の1.1の通りとする。

工法概要

工法概要図

中空スラブは、スーパートラス筋の下端に、薄肉鋼板を設けたパネルを工場で製作し、その上にボイドを取り付けたものである。
出来上がった中空スラブを現場で敷き並べ、定着筋及び配力筋を配筋し、コンクリートを打設することによって完成する。現場打ちコンクリートスラブである。

工法概要図

スーパートラス筋は、1本の上弦材、2本の下弦材とラチス材で立体的に構成されたトラス鉄筋である。
上弦材、下弦材とラチス材の交点は抵抗点溶接に緊結されている。

設計方針

中空スラブは、施工時、架設時及びコンクリート打設時、完成時のそれぞれの状態で安全性を確認する。 トラス筋を架ける方向は、原則としてスラブの短辺方向とし、施工時には、トラス筋方向だけで荷重を負担させる一方向スラブとして設計する。 完成時におけるスラブの支持タイプは、端部の固定度を考慮した支持条件を想定する。 完成時のスラブは一方向スラブとして設計するが、短辺方向の梁にも安全を見込んで3角形の分布荷重をかけて設計する。 必要な支保工を設置した後、コンクリートの打設を行う。このときの荷重は、トラス筋パネルの自重、作業荷重(1470N/㎡)及びコンクリートの自重を考え、短期荷重として扱う。 スラブ完成時の荷重はスラブの自重に仕上げ荷重、積載荷重等長期にわたってかかると考えられる荷重を組み合わせたものを考慮する。

構成材料

トラス高 スラブ厚 Aタイプ Bタイプ Cタイプ
105 145 2,480 2,900 2,740
135 175 3,040 3,580 3,360
175 215 3,610 4,300 4,020
205 245 3,760 4,740 4,420
265 305 3,970 5,470 5,100

スラブ完成時の荷重はスラブの自重に仕上げ荷重、積載荷重等長期にわたってかかると考えられる荷重を組み合わせたものを考慮する。


取引メーカー
ケンテック株式会社

  • 工事受注から設計・施工まで対応
  • 大規模工事も経験と実績
  • 徹底した安全管理と品質管理
  • 私達にお任せください
  • 施工実績
  • 取引先紹介
  • 会社概要
  • 日栄鋼材で働くスタッフのブログ

取扱商品